人工知能であそぶ

人工知能をつくってあそぶ.あと個人的な勉強のメモ.

WindowsからMacに引っ越したときにしたこと 設定・便利ソフト

便利になるように入れたソフト,設定などをメモしておく.
ちなみに私はwindows歴20年のwindows信者なので,現時点でMacのことはほとんど知らない.

設定:セキュリティ

ファイアウォールステルスモードのON.

「システムの環境設定」
→ 「セキュリティとプライバシー」
→ 「ファイアウォール

設定:Dockを左に

下にあると短い画面がもっと短くなるので横にした.
右にするとスクロールバーと干渉するのでにした.

「システムの環境設定」
→ 「Dock」
→ 「画面上の位置:左
→ 「サイズ:小さめ」
→ 「拡大:中」
→ 「ドックを自動的に隠す」
f:id:nkdkccmbr:20160807200055p:plain

設定:トラックパッド

ポインタの動く速度がのろく感じたため速めに変更.

「システムの環境設定」
→ 「トラックパッド」
→ 「軌跡の速さ

設定:capsをcommandに

Windowsで言う所のcontrolがcommandなのでコピペなどのショートカットが非常に使いにくい.
capsは普段使うことがないのでここにcommandを割り当てる

「システムの環境設定」
→ 「キーボード」
→ 「修飾キー」
f:id:nkdkccmbr:20160807203530p:plain

設定:F7でカタカナに変換できるように

デフォルトではカタカナに変換しにくいのでwindowsのようにf7でカタカナに変換できるようにする.

「システムの環境設定」
→ 「キーボード」
→ 「修飾キー」
→ 「f1,f2などのすべてのキーを…」にチェック

設定:ファイルの拡張子を常に表示

Windowsもそうだが,デフォルトでは非表示になっているためこれでは開発しにくい.

「Finder」
ツールバーの「環境設定」
→ 「詳細」
→ 「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェック

設定:Windowsライクな入力

Macの入力はエンターを2回押さなければならない?
それが煩わしいので消す.

ツールバー」の「あ」のボタン
→ 「”日本語”環境設定を開く...」
→ 「入力ソース 」
→ 「Windows風のキー操作」にチェック

ソフト:BetterTouchTool(BTT) と BetterSnapTool

BTTの方は定番らしい.
トラックパッドやキーボートに色々と便利な機能を付加できるソフト.
昔は無料だったらしいが今は462円から.
しかし,BetterSnapTool(360円)を買うと,BTTライセンスがついてくる.
しかもこっちはAppStoreで買えるので簡単.
BetterSnapToolはウィンドウのリサイズに関するソフトウェア.
Windowsで「Windowsキー+方向キー」でウィンドウをいろいろ動かせるがMacでこれを可能にするためのソフト.
ディスプレイの半分で異なるソフトを動かしたりするのに便利.
f:id:nkdkccmbr:20160807220405p:plain
購入後はBetterTouchToolのライセンス認証時に,BetterSnapToolの入ったパソコンから名前とメールアドレスを登録するだけでライセンスの取得ができる.
両方ともお気に入り.

BetterTouchToolの設定

f:id:nkdkccmbr:20160807232302p:plain
f:id:nkdkccmbr:20160807232309p:plain

BetterSnapToolの設定

オプション+左矢印 → 画面左半分
オプション+右矢印 → 画面右半分
オプション+上矢印 → 画面全体

ソフト:aLaunch

ランチャ.ツールバーに常駐し,タブで表示.
起動中のアプリへの移動も簡単に行える.
グループ別に設定したアプリを起動できる.
お気に入り.
f:id:nkdkccmbr:20160807195830p:plain

ソフト:AppCleaner

ドラッグ&ドロップで関連ファイルごとアンインストールするアプリ.

ソフト:FireAlpaca 2

ペイントの代わり.
何かを書くときにはこれを使う.
無料.
f:id:nkdkccmbr:20160807220812p:plain

ソフト:HiddenMe Free

デスクトップのアイコンを隠すソフト

最後に

Macって相当便利なんじゃないかと思い始めた.
他にも便利なものがあれば今後も更新していく.