読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能であそぶ

人工知能をつくってあそぶ.あと個人的な勉強のメモ.

はてなブログに数式を

私は普段数式を打ち込む際にはofficeについている数式を使っている.
そのためはてなブログに乗せる際には画像として載せることしかできない.
そこで,いろいろ調べた結果はてなブログではMathJaxというものがサポートされているらしい.

数式の表示

LaTeXのコマンドはここに整理されて掲載されている.

・参考
LaTeXコマンド集


まずははてな記法で編集するために,編集モードをはてな記法モードにする.
数式を書く際は以下のように

[tex:コマンド]

と書くだけ.
\displaystyleは追加しないとつぶれてしまうコマンドがあるので一応入れておいた方が無難.maxなど.


以下,数式の書き方の例.
ちなみにバックスペース(\)はドルマークを打てば勝手に変換される.

数式

質量とエネルギーの等価性
E=mc^2

質量とエネルギーの等価性
[tex:E=mc^2]

数式(インライン)

質量とエネルギーの等価性E=mc^2について

質量とエネルギーの等価性[tex:E=mc^2]について

分数

{
\displaystyle
\begin{equation}
x=\frac{a}{b}
\end{equation}
}

分数
[tex:{
\displaystyle
\begin{equation}
x=\frac{a}{b}
\end{equation}
}]

上付き文字・下付き文字

{
\displaystyle
\begin{equation}
W=W_{i+1}+W_{i+2}+W_{i+3}\\
W=W^{j+1}+W^{j+2}+W^{j+3}\\
W=W_{i+1}^{j+1}+W_{i+2}^{j+2}+W_{i+3}^{j+3}
\end{equation}
}

上付き文字・下付き文字
[tex:{
\displaystyle
\begin{eqnarray}
W=W_{i+1}+W_{i+2}+W_{i+3}\\
W=W^{j+1}+W^{j+2}+W^{j+3}\\
W=W_{i+1}^{j+1}+W_{i+2}^{j+2}+W_{i+3}^{j+3}
\end{eqnarray}
}]

式に番号を付ける

{
\displaystyle
\begin{eqnarray}
\sin x = \frac{e^{ix} - e^{-ix}}{2i} \tag{1} \\
\cos x = \frac{e^{ix} + e^{-ix}}{2} \tag{2}
\end{eqnarray}
}

式に番号を付ける
[tex:{
\displaystyle
\begin{eqnarray}
\sin x = \frac{e^{ix} - e^{-ix}}{2i} \tag{1} \\
\cos x = \frac{e^{ix} + e^{-ix}}{2} \tag{2}
\end{eqnarray}
}]

大きい文字で数式

{
\displaystyle
\begin{equation}
{\large
3x^2+2x+1
}
\end{equation}
}

大きい文字で数式
[tex:{
\displaystyle
\begin{equation}
{\large
3x^2+2x+1
}
\end{equation}
}]

max

{
\displaystyle
\begin{equation}
\max_{a’∈A} Q(s',a')
\end{equation}
}

max
[tex:{
\displaystyle
\begin{equation}
\max_{a’∈A} Q(s',a')
\end{equation}
}]

シグマ Σ

{
\displaystyle
\begin{equation}
S = \sum_{i=0}^{I} x_i
\end{equation}
}

max
[tex:{
\displaystyle
\begin{equation}
S = \sum_{i=0}^{I} x_i
\end{equation}
}]

カッコ

ふつうのカッコのみ\left\や\right\をつけない.
{
\displaystyle
\begin{equation}
a \left[
b \left\{
c (d)
\right\}
\right]
\end{equation}
}

[tex:{
\displaystyle
\begin{equation}
a \left\[ b \left\{ c (d) \right\} \right\]
\end{equation}
}]

場合分け

{
\begin{eqnarray}
y_{j} = \left\{ \begin{array}{ll} 
  r_{j} & (終了状態φ_{j+1}) \\
  r_{j} + γ\max_{a’}Q(φ_{j+1,a';θ}) & (非終了状態φ_{j+1}) 
\end{array}\right.
\end{eqnarray}
}

[tex:{
\begin{eqnarray}
y_{j} = \left\{ \begin{array}{ll} 
  r_{j} & (終了状態φ_{j+1}) \\
  r_{j} + γ\max_{a’}Q(φ_{j+1,a';θ}) & (非終了状態φ_{j+1}) 
\end{array}\right.
\end{eqnarray}
}]

集合(実数全体など)

{ x_{t} \in \mathbb{R}^{d} }
{ \mathbb{N} }

[tex:{ x_{t} \in \mathbb{R}^{d} }]
[tex:{ \mathbb{N} }]

太字

{ \textbf{A} = \left\{1,\dots,K\right\} }

[tex:{ \textbf{A} = \left\{1,\dots,K\right\} }] 

縦線 バー 縦棒

名前がわからないのですが,集合とかに使う縦線です.
{ Q_{i+1}(s,a) = \mathbb{E}\left[ r+γ\max_{a'}Q_{i}(s',a')\middle|s,a\right] }

[tex:{ Q_{i+1}(s,a) = \mathbb{E}\left\[ r+γ\max_{a'}Q_{i}(s',a')\middle|s,a\right\] }]

あとがき

とてもきれいに書ける.
必要に応じて今後もメモしていく.

[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門

[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門